知覧麓の武家屋敷群は、江戸時代の中期、知覧領主島津氏16代島津久達の時代もしくは18代島津久峰の時代に風水を取り入れ形作られたとされています。薩摩藩は鶴丸城を内城とし、藩内に113の外城を設け、御仮屋を中心に武家集落を造り、鹿児島に武士団を集結させることなく分散して統治にあたらせました。知覧もその外城の一つです。


photograph collection 写真集



Access アクセス

所在地: 〒897-0302 鹿児島県南九州市知覧町郡6189
電話: 0993-58-7878
営業時間: 9時00分~17時00分